ジュピ公式サイト ジュピ散文 7つのチャクラが開いた時に統合は訪れる ジュピ散文④

7つのチャクラが開いた時に統合は訪れる ジュピ散文④

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ

クリックお願いします!(^^)!
にほんブログ村

今日は、今話題の、

「テイクアウト不倫」

について書いてみようと思います。

。。。

。。。

。。。

前回の記事、ジュピ散文③にも書きましたが、
人間には、清らかな心も、薄汚れた心も、
両方あると思っています。

高次な神の魂、人間の心、動物的本能。

「テイクアウト不倫」と、
文春の見出しそのまま書きましたが、
あれは不倫とは言えませんよね。
ただの排泄行為かと思います。

男性は、女性と違って排泄しないといけませんから、
愛のないセックスができてしまう人も多いと思います。
だから風俗という商売が成り立っているのでしょうね。
そして何より、自分の子孫を残したいという本能。

「性」の違いを踏まえて、
男性的立場から物事を考え、
誤解を恐れずに意見を述べますと、

なかなか効率的で、賢いやりかたをしてたなあと、
私は思ってしまいました。

ただ性欲を満たすだけなら、
風俗へ行けば良かったのでしょうが、
顔の知れた芸能人であるため、それが憚られた。

奥様だけでなく、世間の誰にも知られないようにするには、
仕事先の多目的トイレで用を足すように排泄する。
仕事の流れでさらっと終わらせる。

目的を果たすための効率が良すぎて笑ってしまいました。

ただ彼の誤算は、女性という生き物の、
「性」の違いを踏まえていなかった事でしょうね。
お金を渡していたという事なので、
心ナシの、完全に割り切った関係と思っていたのでしょう。

女性でも最近は肉食系の方が増えていると思います。
※昨年の夏テレビで、ビーチでナンパ待ちの女性が、
「今日はヤリたいから来た。」って、
笑いながら普通にインタビューに答えてました(;^_^A

肉食系女子なら、多目的トイレになんて呼び出されたら、
私は公衆トイレかよ!って怒っちゃいそうですね。

多目的トイレに足繁く通っていたB子さんは、
きっと、自己肯定感の薄い方なんだと思います。

自分が愛されるべき人間である自信があれば、
そんな場所へ呼び出されて行く筈がない。
そんな場所でそのような行為をしている自分の姿を、
悲しむ人の顔が浮かばなかったのでしょうか。

まさか、お相手芸能人に、
愛されているとでも思ったのでしょうか。
この渦中の芸人さんは、きっと、
奥様を相当大切にされていて、愛しているが故に、
そのような行為に及んだのだと思います。

愛してるならそもそも浮気なんかするなよ!
って突っ込みがきそうですが、
これが男性の性(さが)なのでしょうね…

。。。

。。。

。。。

続編最終章に書きましたが、カンタくんは、

「お前が行きずりの女ならすぐ抱ける。」

と言いました。
愛の無い相手であれば、男性の本能を剥き出しにして、
躊躇なく抱けるという事だと私は捉えました。
しかし、

「俺は浮気はしない。こういう事をするのはお前だけだ。」

とも言いました。
矛盾が生じていますが、結局ツインレイ男性は、
愛のないセックスはしない上に、
愛のある人間への扱いも非常にデリケートなのだと、
私は思いました。

男性の動物的な本能を抑え込むのは難しい事です。

再び登場しますが、前回の記事、ジュピ散文③に書いた、

世の中の役に立ちたいなどの高次な思考は「神」
安定した暮らしを望んだり人に対する優しさがあったり、
時には人の不幸を知りたがったりしてしまうのは「人間」
そして、本能の赴くままに行動してしまう「動物」

これは、7つのチャクラをイメージすると解り易いかも知れません。

きっとあの芸人さんは、生きるためのエネルギー、
つまり第1チャクラを、他の女性に向けてしまったのですね。
ハートチャクラ(第4チャクラ)は奥様に向いているのに。
高いところの、第5~7チャクラが開いていたら、
きっと今回のような選択はしなかったのではないでしょうか。

それはお相手の女性にも言える事で、
高いところの、第5~7チャクラが開いていたら、
多目的トイレに行かなかったでしょうし、
自分をさも被害者のように週刊誌にリークすることも、
きっとなかったと思います。

インサイドストーリー⑨に書いたW不倫も、
同じような事かも知れません。
この事件が起こった際(初編7話初編8話)に、
私達はハートのチャクラで繋がっている、
という会話をしまして、
もっと高次なところでも繋がりたい、と私は言いました。

初編ではW不倫を明かしていなかったので、
端折っていた会話があるのですが、
あの(W不倫をした)2人は、低いところでした繋がっていないから、
今回のような事が起きたんだと思う。

というような会話もしました。

あの初編の頃は、私とカンタくんは、
間違いなくハートチャクラで繋がっていたと思います。

そしてそれから1~2年後、
カンタくんは、眉間がかゆい、とよく言っていて、
「サードアイ開いてるんじゃないの?」
と、私は冗談で答えていましたが、
「明日どこかで地震が来るぞ。」の予言?が、
最低でも2回は当たった事があります。

実際にサードアイ(第6チャクラ)が開いたんだろうな、
と思います(笑)
シンクロニシティが立て続けに起こったり、
夢が現実になったりしていたのも、
この第6チャクラの影響かも知れませんね。

。。。

。。。

。。。

あの芸人は最低、女性軽視だ、
セックス依存症だ、と、散々叩かれていましたが、
芸人仲間の男性陣は割と静観されている方が多いですよね。

男性の動物的な欲求は、女性には計り知れません。
AVや、成人男性向けコミック等をご覧になってみてください。
男性の欲望は果てしないです。

遊園地へ行って、ボートを漕いで、
夜景のキレイなホテル最上階で食事をしてからベッドイン。
な~んてAVはひとつもありません(笑)

人妻だったり女子高生だったり、看護師さんだったり、
いきなり誘惑されたり、レイプしたりします。
多目的トイレももちろん出て来ます。

と…話しが大きくズレ始めてしまいましたが、
あの芸人さんも、お相手のB子さんも、
高次のチャクラが開いてさえいれば、
今回のような事は起こらなかったと思います。

男運が悪い、最低な男に出会った、
なんて言う人がいますが、
自分自身が軸をしっかりと持って、
高次な魂を磨いていけば良いのだと、
全ては自分次第だと、私は思います。

かくいう私も、まだまだ修行中です。
一生懸命自分を磨いて、幸せを自家発電して、
魂を輝かせたいと思います♪

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ

クリックお願いします!(^^)!
にほんブログ村

「7つのチャクラが開いた時に統合は訪れる ジュピ散文④」への2件のフィードバック

  1. ふじ子 より:

    ジュピさん、こんにちは♪
    カンタくんとはチャクラの話までできちゃうんですね!
    鋭い洞察、興味深く拝読しました。
    整体の観点からいっても、人は有り余るエネルギーを他のことに転嫁するので、何でもやり過ぎたり行き過ぎることには、エネルギーの分散が伴っているので疲れないんだそうです。
    ストレスで大食いはよくあることですよね。
    仮にそれが現実的には歪んだ行動であっても、体としては平衡を保とうとしただけのことだし、当人はサッパリするんだそうです。確かにそんな感じですね。男性の収集癖も性欲の鬱散らしいです。
    とまぁ、こんな話を思い出しました。

    1. jupi より:

      >ふじ子さん

      毎回興味深い内容のコメントありがとうございます♪

      色々な行動には全て意味があって、要はエネルギーの分散をしているんですね。
      ストレスで大食い、収集癖、それらは体の平衡を保つためと言われたら、
      確かにそのような気がします。
      7つのチャクラが全て開いている時は、すごくバランスが良い自分を保てそうですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Related Post

魂の帰る場所、新たな誕生、それらを学んだ結果 ジュピ散文⑥魂の帰る場所、新たな誕生、それらを学んだ結果 ジュピ散文⑥

クリックお願いします!(^^)!にほんブログ村 みなさま、お久しぶりでございます!ジュピです♪ 最近なかなかどうして、記事を書くペースが遅く、お待たせしてしまい大変申し訳ございません。 面白い本を見つけて、イッキに読みふ […]

男女の恋愛が終わった時、そこに何が残るのか ジュピ散文➀男女の恋愛が終わった時、そこに何が残るのか ジュピ散文➀

クリックお願いします!(^^)! にほんブログ村 初編5話を先ほど読み返してみました。今からちょうど3年ほど前の出来事です。 本当にカンタくんが好きで、好きすぎて好きすぎて、朝、目が覚めた瞬間から、夜、眠りにつくまで、頭 […]

「私達はツインレイじゃないかも知れない」ジュピ散文⑤「私達はツインレイじゃないかも知れない」ジュピ散文⑤

クリックお願いします!(^^)! にほんブログ村 「私達はツインレイじゃないかも知れない」 読者の方が、そんな事をおっしゃっていました。 しかもそう思った発端は、ジュピのストーリーを読んだからだそうです。 なんと!そんな […]

error

Enjoy this blog? Please spread the word :)

RSS