ジュピ公式サイト インサイドストーリー ツインレイとは真逆っぽい、不仲な話し インサイドストーリー⑮

ツインレイとは真逆っぽい、不仲な話し インサイドストーリー⑮


にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ

クリックお願いします!(^^)! にほんブログ村

最終第2話でカンタくんと話さなくなってから、

最終第3話で仲直りをするまでの約2ヶ月の間に、

※最終第3話を閲覧するにはパスワード申請が必要です。  

 

なんと! 元職場の先輩の結婚式がありました♪    

 

初編9話で、彼女ができた事を報告してくれた先輩ですが、

その彼女さんとめでたくゴールインしたのです(^▽^)/  

 

この初編9話を是非とも読み返していただきたいのですが、

この時カンタくんと大喧嘩、というか、

ジュピが一方的にカンタくんを怒鳴り散らし、

帰り際カンタくんに「ありがとう!」と言われるという、

なんともカオスな夜を過ごしました。  

 

「先輩、結婚式は呼んでね♪」

「俺も俺も!」

「お前なんか呼ばれる訳ないだろ!ね、先輩。」

(先輩、黙って頷く。)

「なんでだよ、俺だってお客・・・」

(かぶせ気味に)

「た~っくさんいるお客さんの中の一人だよ!

それくらいで呼ぶハズないだろ、ね、先輩。

私は呼んでくれるよね?」

(先輩、黙って頷く。)    

 

 

みたいな会話もあったのですが、その通り、

カンタくんは呼ばれず、私だけ呼ばれました(-ω-)/  

 

そのことについて、カンタくんが拗ねていたのかどうなのかは、

今となっては知る由もありませんが…  

 

。。。

。。。

。。。

 

結婚式場で、私は、 前職の業界の同僚や先輩たちに囲まれた席でした。

私が退職した後、元職場に入社した女性2人が隣に座っていましたが、

2人と挨拶を交わした際にピン!ときました。  

 

この2人は不仲だ…

 

と。

 

案の定、どちらの女性も、

私と1対1では笑顔で会話してくれるのですが、

3人で会話しようと試みるとどちらかがフェードアウトしてしまい、

決して交わることはありませんでした。  

 

小さい職場で、一日のうち一番多くの時間を過ごす職場で、

こんな状態だとキツいだろうなぁ、

でもこんな状態も自分で選択した結果なんだよな、

なんてちょっと思いつつ、結婚式を楽しみました。  

 

目の前で、お互いを「なきものとして」扱う2人の女性を見て、

私もカンタくんを長いこと「なきものとして」無視してるな…

と、別に反省はせずにぼんやりと考えました。

 

  。。。  

 

話しはガラッと変わりますが、 私は以前から、

人の雰囲気?を読み取るというか、 前述した、

「この2人は不仲だな」とか、

そういう事を感じるのが得意です。  

 

もちろん、「この人はあの人が好きなんだな」

というのも感じ取れます。

矢印が見えるような感覚です。  

 

もう何年も前の事ですが、娘の参観日へ行った時に、

娘が後ろの席の子と喧嘩しているのにも気付きました。  

※もちろん全てに勘が鋭い訳ではなく、

何か内緒にされていたらズーッと気付きませんし、

(一人暮らしをしていた長女が内緒で犬を飼っていて、

子供達がずっと私に隠していましたが、全然気付きませんでした)

超絶鈍感な部分もあります。    

 

 

今まで、子供の同級生や、そのお母さんと何人か接してきて、

「あの子は不登校になる」というのを3人ほど予言しまして、

その通りになっています。  

 

TRUE HEARTSさんも、

娘さんが幼い頃に不登校になった経験がありますが、

彼女はその原因をご自身で分析しており、改善されています。

※「卒婚」によって根本の原因をなくす事により、

すっかり登校できるようになったそうです♪    

 

 

3人ほど不登校になることを言い当てた私が、

これだけは間違いないと言えるのは、

子供の不登校は、子供には一切原因がなく、

間違いなく環境のせいで、子供時代の環境は親が全てですので、

親次第、親の責任である、ということです。  

 

 

学校のせいでもなく、クラスメイトのせいでもありません。

もちろん原因の発端というか、 きっかけは作っているかも知れませんが、

全ては親が作りあげた環境がそうさせています。  

 

犯罪者がよく、世の中のせい、環境のせいにしますが、

確かに生い立ちとか見ると、劣悪な環境で育っていることが多く感じます。

しかし親のせいにできるのは子供の頃までです。

大人になって、自己責任が取れるように育っていないのも、

これまた皮肉にも親のせいなのかも知れませんが…  

 

。。。

。。。

。。。  

 

とまぁ、ハッピーな結婚式のお話しを書いていたつもりが、

全く違う方向へ行ってしまってました(^-^;  

話しを元に戻します♪  

 

。。。

。。。

。。。  

 

先輩の結婚式の二次会は、私が主催させてもらいました。

参加者リスト作成やお店の装飾的な下準備を済ませ、

事前にプログラムも作成し、景品も準備し、

ステージも作り、登壇?出演者?さんに事前声かけをし、

MCもしました。  

 

先輩や、先輩の同級生達は、

こんなに豪華な二次会は初めてだと、口々に言ってくれました。

先輩と、先輩の奥様に喜んでいただけたのが本当何よりで、

とても記念に残る一日となりました。  

 

。。。

 

二次会も終盤、てか完全に終わってしまってから、

まだ会場の貸し切り時間に余裕があり、 先輩はもちろん、

まだ先輩の同級生達も数名残っていたので、

私も全ての任務を終え、やっと落ち着いて椅子に座りました。  

 

先輩の同級生の中で1人、

「怒ってグループLINEから抜けて、5年間音信不通」

だったという方も参加してくれていました。  

 

なぜ怒ってしまったのか不明だけど、

そのグループLINEのみんなで飲みに行った直後に、

グループから抜けてしまったそうですので、

メンバーの誰か、もしくはみんなが、

酔っ払って何やらやらかしたのでしょう。  

 

しかしその同級生…

めっちゃ性格悪いんです。  

 

高校生の頃の同級生なんですが、

高校生の頃って、何かと色々「黒歴史」って、

みなさんあると思うんですよね、思春期ですし。  

 

で、おそらく先輩との黒歴史メモリーを、

ナンパした女の子をお持ち帰りしたとか、

王様ゲームでどうのこうのとか、

そういう話しばかり、 先輩の奥様が隣にいる時に言い始めるのです。    

 

先輩が焦って話しを遮ってましたが、

あまりにしつこくて、ホントビックリしました。  

 

そしてジュピは、その姿に本当に腹が立ってきて、

もうその同級生の名前も忘れましたが、

(仮に佐藤さんとしましょう。)

このように言いました。    

 

「おい、佐藤(仮)!お前しつこいんじゃ!表出い!」  

 

・・・文字に起こすと「輩」ですね(^-^;  

 

まぁ表までは出ませんでしたが、

奥様に聞こえない場所までソイツを連れて行き、

懇々と説教しました。   

 

先輩にまだ恨みがあるのか?何なのか知りません。

面白がって、酔った勢いで悪ふざけしてるだけかも知れません。

10代の頃の可愛いお話し、といえば、そうなんですが。    

 

しかし、この日は先輩と奥様が、

人生で一番幸せな日でなくてはいけないのです。

 

 

こんな話しをして、奥様が聞いたらどんな気持ちになるか、

一生に一度の主役の日に辛い記憶を刻んでしまうことを、

想像できへんのかい!と、

お前は罪にならない罪で人を傷付けて、

一体何が楽しいんじゃい!と、

 

まぁとにかく懇々と、初対面の人に説教しましたw  

 

ジュピは、こういう人間が一番嫌いかも知れません。

 

  。。。  

 

後日、先輩とゆかいな仲間達とで飲み会をした際に、

佐藤(仮)の話題になり、  

 

「アイツホント最悪だった。

勝手に怒ってグループLINE抜けちゃえばいいよ。

てか絶対アイツにも原因あると思うわ。」  

 

と言っておきました。  

 

先輩は、5年間音信不通だった佐藤(仮)と、

結婚式を機にまた交流するつもりだったみたいですが、

結局、再び音信不通のようです。  

 

それがいい。  

 

にほんブログ村 恋愛ブログ ソウルメイト・ツインソウルへ

クリックお願いします!(^^)! にほんブログ村

Related Post

カリスマツインレイ男性が見つける唯一無二の女性 その特徴とは インサイドストーリー⑬カリスマツインレイ男性が見つける唯一無二の女性 その特徴とは インサイドストーリー⑬

クリックお願いします!(^^)!にほんブログ村 初編最終話では、ジュピとカンタくんの、初めて結ばれた日のことを詳細に書かせていただいています。 読み返してみると…、まぁ何とも照れますね(*ノωノ) 最終話の冒頭に、カンタ […]

ツインレイの感情は、底辺から絶頂まで インサイドストーリー⑫ツインレイの感情は、底辺から絶頂まで インサイドストーリー⑫

クリックお願いします!(^^)!にほんブログ村 「私たち、こんなこと何十年も続けるの?」 「何十年もずっとドキドキできるだろ?」 これは、初編10話でのジュピとカンタくんの会話です。 客観的に考えると、恋愛って、片想いか […]